ようこそゲスト

県内ニュース

2022年08月04日(木) 18:02

県教委が待機期間短縮を周知【徳島】

国が濃厚接触者の待機期間を見直したことをうけ徳島県教育委員会は4日オンライン会議を開き、県立学校と市町村の教育委員会に対し、待機期間の短縮などを周知しました。

文部科学省は、教職員や児童生徒が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者になった際、これまで待機期間とされていた5日間を待たずに2日目と3日目に抗原検査で陰性が確認されれば3日目に待機を解除できるよう期間を見直し、全国の教育委員会に通知しました。

これを受け徳島県教育委員会は4日、オンライン会議を開き県立学校と市町村の教育委員会に対して、これを周知しました。あわせて、抗原検査には国に承認されたキットが必要なことや、学校へ復帰する際に陰性証明書が不要になることなどを伝えました。

また夏休み中の補習や就職活動での感染対策をさらに徹底するよう注意を呼びかけました。