ようこそゲスト

県内ニュース

2022年08月04日(木) 17:05

百条委員会、須見市議が事実を否定【徳島】

徳島県徳島市の民間保育施設の整備事業などを巡り、一部の市議会議員が市の職員に対し、不当な要求をしたとされる問題で4日、百条委員会が開かれました。

徳島市議会の須見矩明議員が証言に立ち、「不当な要求はしていない」と述べました。

徳島市議会の百条委員会は一部の議員が市の進める民間保育施設の整備事業などについて市の職員に便宜を図るよう求めるなど不当な要求をしたとされる問題について調査しています。

この日は須見矩明議員が証人として呼ばれました。徳島市内に市立保育所を建設する計画をめぐり、須見議員が2019年6月、担当課の課長に対し、「この地区に新たにこども園を整備すると過当競争になるため、新規参入は認めない。また、市外の業者が参入することも認めない」などと発言したか、岡孝治委員長が、事実確認を行いました。これに対し、須見議員は発言したことは認めましたが、「不当な要望や要求はしていない」と述べました。

百条委員会は10月にも開かれ、加戸悟議員を証人として呼ぶことにしています。