第9回 昭和29年(1954年)

出来事 第1次鳩山内閣誕生
 (戦後7年間続いた「吉田茂内閣」の終焉)
海運会社から政治家への賄賂の疑い「造船疑獄」起こる
 (法務大臣権限で真相は闇に… 「リベート」=「賄賂」の意味に)
青函連絡船「洞爺丸」転覆
 (死亡・行方不明1155人の日本海難史上最悪の事故)
ビキニで「死の灰」
 (米国の水爆実験で第5福竜丸の乗組員が被爆)
自衛隊誕生
 (「自衛隊法」「防衛庁設置法」公布)
スポーツ界 相撲界から転身の「力道山」活躍
 (空手チョップでアメリカ人レスラーを攻撃 日本人に勇気)
映画界 「笛吹童子」など東映娯楽時代劇大流行
 (年間製作本数101本 チャンバラ黄金時代)
「ゴジラ」誕生
 (日本初の怪獣特撮映画 水爆実験反対の意味も込める)
「二十四の瞳」公開
 (小豆島が舞台の女性教師と12人の教え子の心の触れ合いを描く)
「ローマの休日」大ヒット
 (ヘップバーンカットやサブリナシューズが女性に大流行)
「帰らざる河」封切り
 (マリリン・モンロー来日 記者会見から「シャネルの5番」が話題に)
「ダンボ」日本語版公開
 (古川緑波・坊屋三郎・三木トリローらの声のテープでアメリカで製作)
世相 「第1回全日本自動車ショー」開催
 (車の大衆化へ 自動車教習所・ドライブクラブが大人気)
昭和22年生まれの「ベビーブーム世代」就学
 (255万3530人 9年後の高校入学難が予想された)
健康志向に興味
 (NHK「美容体操」放映開始&「人間ドック」始まる)
商品 「丹頂型電話ボックス」
 (クリーム色のボディーに赤い屋根が「丹頂鶴」を連想させた)
「純植物性マーガリン」販売開始
 (「うっかりするとバターと間違える」風味で生産が追いつかないほどの人気)
新しいケーキ状ファンデーション「パンケーキ」発売
 (海綿スポンジに水を含ませ使用 映画「風と共に去りぬ」で一躍脚光浴びる)
「ホッチキス」発売 急速に普及
 (欧米では「ステープラー」と呼ばれる)
流行語 「『軽』文化」
 (「軽音楽」「軽犯罪」など「軽」をつけた言葉が流行)
「ソーラー族」
 (「ミーハー」よりランクが上と自惚れる人達のこと 「ソラ」は「ミファ」より上)
「むちゃくちゃでござりますがな」
 (ドラマから生まれた花菱アチャコのギャグ言葉)
ヒット曲 哀愁日記/コロムビア・ローズ
あなたとともに/津村謙・吉岡妙子
雨の酒場で/ディック・ミネ
裏町のピエロ/若原一郎
お富さん
/春日八郎
お夏清十郎/美空ひばり
岸壁の母
/菊池章子
君いとしき人よ/伊藤久男(織井茂子)
高原列車は行く
/岡本敦郎
そよ風のビギン/小畑実
流れのスター/津村謙
初めて来た港/藤島桓夫

ひばりのマドロスさん/美空ひばり
三つの恋/林伊佐緒
港シスコのマドロスさん/瀬川伸

※ ピンク色のタイトルは放送された曲です

あの日あの時トップへ