今から11年前の1月17日早朝、バブル崩壊後だったとはいえ、まだなんとなく安穏としていたこの国の危機意識を一気に覚醒させたあの阪神淡路大震災が発生しました。死者・行方不明者6,400人以上、家屋の被害およそ51万棟、また、火災によっておよそ25万坪が灰となったこの大震災は、大正12年の関東大震災から62年後のことでした。
 わが徳島でも、過去に何度も南海地震に見舞われて大きな被害を出していることを忘れてはなりません。いつか必ずやってくるその日、無事でいられる確率をほんのわずかでもアップするために、しっておかなければならないことは何なのか?

パーソナリティ 保岡 栄二 ・ 大谷 初美
            
(四国放送アナウンサー)