四国放送個人情報保護基本方針
四国放送株式会社(以下「四国放送」という)は、個人情報保護の重要性を十分に認識して、個人情報の保護に関する法令などの遵守徹底を図るとともに、個人情報の主体の意志を尊重しながら、放送の社会的責任を果たすために、四国放送の業務に携わるすべての者が遵守すべき基本事項として以下のように基本方針を定めます。個人情報保護法の適用除外となっている報道・情報番組の取材・放送など、表現の自由を担い、国民の知る権利に奉仕する業務に関わる個人情報の取り扱いについても、放送の社会的使命と同法の精神に照らし別にガイドラインを設け適切な保護に努めます。

T.個人情報保護規定について
 四国放送は、個人情報の取り扱いに関しては、個人情報の保護に関する法律を遵守し、総務省及び社団法人日本民間放送連盟作成の個人情報保護ガイドラインに準拠して行います。このため、個人情報保護に関する社内規定を定め実践していきます。

U.個人情報の取得について
1.個人情報の取得は、原則として、四国放送の業務を円滑に行うため、もしくは視聴者等の利便性を向上させるために必要な限度に止めます。
2.個人情報の取得は、利用目的をあらかじめ個人情報の本人に明示し、適法かつ公正な手段によって行います。

V.個人情報の取り扱いについて
1.個人情報の取得、利用、提供その他の個人情報の取り扱いは、利用目的の範囲内で行います。
2.利用目的を変更する場合には、個人情報の本人から同意を得ます。

W.個人情報の管理・保管について
1.個人情報は、利用目的に応じ正確かつ最新のものに保つよう努めます。
2.個人情報への不当なアクセス又は個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等の防止、その他の個人情報の適切な管理のため必要な措置を講じます。
3.個人情報の処理又は管理を外部に委託する場合には、個人情報を適切に取り扱っていると認められる者を選定し、秘密保持契約等の契約を結ぶなど十分な対応を行います。
4.取得した個人情報は、原則として保存期間を定め、保存期間経過後または利用目的達成後は遅滞なく消去します。
5.部門単位で個人情報の取り扱いに関する担当者を置き、適切な管理を実施することで、個人情報の保護に努めます。

X.個人情報の開示、訂正、削除について
1.平成17年4月の個人情報保護法の全面施行より、個人情報の本人から自己に関する情報開示の請求があった場合は、本人であることを確認した上で、原則として、当該請求に係る個人情報について遅滞なく開示します。
2.前項の規定にかかわらず、四国放送が、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、当該請求に係る個人情報の全部又は一部について開示しないことができます。
 (1)本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがあるとき。      
 (2)四国放送の業務の遂行に著しい支障を及ぼすおそれがあるとき。
 (3)他の法令等に違反することとなるとき。
3.平成17年4月の個人情報保護法の全面施行より、個人情報の本人から自己に関する個人情報が事実でないという理由によって、個人情報の訂正、追加又は削除の申出があったときは、遅滞なく調査を行います。この場合において、当該申出に係る個人情報に関して誤りがあることその他の訂正等を必要とする事由があると認めるときは、遅滞なく訂正等を行います。

Y.苦情の対応等について
四国放送は、個人情報の取り扱いに関する苦情につき適切かつ迅速な対応に努めます。

                                       以上
四国放送株式会社
代表取締役社長 湯村雅彦

  
 

Copy right©JRT Shikoku Broadcasting Co.,Ltd. All Rights Reserved.